食 業界について

給食界の意義とは何か

 義務教育時代に、多くの人は給食をうけた経験があるのではないでしょうか。
本人にとっては良い思い出でしょうし、親にとっては弁当を作る手間が減って助かったことでしょう。
しかし、その意義とは何でしょうか。
ただ単に、良い思い出であり、弁当の手間が減るだけでしょうか。
もちろん、それだけではありません。
 同じ時間に、仲間と同じものを共有することは、意義深いものです。
「同じ釜の飯を食べる」という言葉があるように、同じものを共有すると親近感が増すものです。
親近感がますことによって、学校生活がより充実したものになりやすくなります。
 栄養バランスも考えれて作られていますので、育ち盛りの時代に栄養が偏る心配が減ります。
 学校の教師にとっては、生徒とのコミュニケーションの時間でもあります。
サラリーマンでも得意先とコミュニケーションを深めることがありますが、それはフランクに接する時間になります。
そのことは、生徒の学校生活にとって良い息抜きになるのではないでしょうか。
給食業界は、学校社会の潤滑油になっているのです。
  

Copyright© 食 業界 All Rights Reserved.

給食界の意義とは何か